2012年12月24日

ペーパークラフト:Interscope Cosworth / Danny Ongais Indy500 1981 PART2

Interscope Cosworthをペパクラデザイナーでぺパクラ化です。
==========================================
◆ペパクラビューワで閲覧、印刷できるデータ(.pdo)はこちらからダウンロードできます↓
 http://firestorage.jp/download/3b7126faa5dad8646a9f2479a7e93ce84179fe38
  ファイル名:Interscope Cosworth_Danny Ongais Indy500 1981.zip

◆ペパクラビューワーについてはこちらからダウンロードしてください。↓
 http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/
  素晴らしいソフトですね。安いですし!

◆完成写真はこちら↓

000_完成.JPG
===========================================

※前回の続きです。

Cカウルリヤの組立て

006_カウルリヤ01.jpg

↑このパーツを使います。

DSC00569.JPG

↑コックピット側に接続したところ
三色ストライプが映えますね。

DSC00573.JPG

↑裏側


Dサイドポンツーン上部〜テールまでの組み立て

007_サイドポンツーン上部〜テール.jpg

↑このパーツを使います。

DSC00578.JPG

↑パーツが大きいので接着が大変です。
ボンドが乾ききらないうちに素早く正確に取り付けます。

DSC00580.JPG

↑この時点ではペラペラ状態ですごく不安です。最終的に形になるのだろうか…


Eテール側面とテールアンダーカウルの組み立て

008_テール側面と裏の組み立て.jpg

↑使用するパーツ多いです。
う〜ん面倒くさそう…でもやる。

DSC00588.JPG

DSC00590.JPG

↑なんとか組めました。
だいぶ迫力が出てきましたね。
このマシンで一番気に入っている現代のDW12にも通ずるリアデザイン。

DSC00593.JPG

↑アンダーカウル側はやはりウィングカー独特の跳ね上がり方や
テールエンドまで伸びたサイドスカートが特徴ですね。迫力ありです!

今回はここまでです。
こうして記事にすると簡単そうに見えてしまいますが、
結構組立に時間かかってます。
posted by Sunny78 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Interscope Cosworth(1981) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。