2013年01月08日

ペーパークラフト:Interscope Cosworth / Danny Ongais Indy500 1981 PART3

Interscope Cosworthをペパクラデザイナーでぺパクラ化です。
==========================================
◆ペパクラビューワで閲覧、印刷できるデータ(.pdo)はこちらからダウンロードできます↓
 http://firestorage.jp/download/3b7126faa5dad8646a9f2479a7e93ce84179fe38
  ファイル名:Interscope Cosworth_Danny Ongais Indy500 1981.zip

◆ペパクラビューワーについてはこちらからダウンロードしてください。↓
 http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/
  素晴らしいソフトですね。安いですし!

◆完成写真はこちら↓

000_完成.JPG
===========================================


※前回の続きです。

Fアンダーカウルとサイドスカートの取り付け

アンダーカウルとサイドスカート.jpg

↑このパーツを使います。

DSC00602.JPG

↑これで完全に内部が見えなくなりました。

DSC00601.JPG

↑これだけみると車とは思えませんね。戦闘機のようにも見えます。
それにしてもこの時代独特のアンダーパネルの形状と地面に設置したサイドスカートが
格好いいですね。これはこの時代のF1マシンとほぼ同じ形状です。
F1は83年からウィングカーは禁止されますが、インディカーではそれ以降もスカートこそ無くなるものの、現在までウィングカーが継続されています。


Gサスペンションアームの取り付け

サスペンションアーム.jpg

↑このパーツを使います。

DSC00682.JPG

↑フロントを取り付けた状態

DSC00684.JPG

↑リヤを取り付けた状態
黄緑の○の中に見えるのは細い針金なのですが、これはリヤサスアームを取り付けた後に
この部分が妙に膨れていることに気づいて応急処置した痕跡です。細い針金を縫い針に
通し、アンダーパネル側まで貫通させ内向きに引っ張ることでこの部分の膨れを
防いでいます。後にこの針金はウィングの支柱により隠れます。
posted by Sunny78 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Interscope Cosworth(1981) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

ペーパークラフト:Interscope Cosworth / Danny Ongais Indy500 1981 PART2

Interscope Cosworthをペパクラデザイナーでぺパクラ化です。
==========================================
◆ペパクラビューワで閲覧、印刷できるデータ(.pdo)はこちらからダウンロードできます↓
 http://firestorage.jp/download/3b7126faa5dad8646a9f2479a7e93ce84179fe38
  ファイル名:Interscope Cosworth_Danny Ongais Indy500 1981.zip

◆ペパクラビューワーについてはこちらからダウンロードしてください。↓
 http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/
  素晴らしいソフトですね。安いですし!

◆完成写真はこちら↓

000_完成.JPG
===========================================

※前回の続きです。

Cカウルリヤの組立て

006_カウルリヤ01.jpg

↑このパーツを使います。

DSC00569.JPG

↑コックピット側に接続したところ
三色ストライプが映えますね。

DSC00573.JPG

↑裏側


Dサイドポンツーン上部〜テールまでの組み立て

007_サイドポンツーン上部〜テール.jpg

↑このパーツを使います。

DSC00578.JPG

↑パーツが大きいので接着が大変です。
ボンドが乾ききらないうちに素早く正確に取り付けます。

DSC00580.JPG

↑この時点ではペラペラ状態ですごく不安です。最終的に形になるのだろうか…


Eテール側面とテールアンダーカウルの組み立て

008_テール側面と裏の組み立て.jpg

↑使用するパーツ多いです。
う〜ん面倒くさそう…でもやる。

DSC00588.JPG

DSC00590.JPG

↑なんとか組めました。
だいぶ迫力が出てきましたね。
このマシンで一番気に入っている現代のDW12にも通ずるリアデザイン。

DSC00593.JPG

↑アンダーカウル側はやはりウィングカー独特の跳ね上がり方や
テールエンドまで伸びたサイドスカートが特徴ですね。迫力ありです!

今回はここまでです。
こうして記事にすると簡単そうに見えてしまいますが、
結構組立に時間かかってます。
posted by Sunny78 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Interscope Cosworth(1981) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ペーパークラフト:Interscope Cosworth / Danny Ongais Indy500 1981 PART1

前回ご紹介したInterscope Cosworthをペパクラデザイナーでぺパクラ化しました。

◆ペパクラビューワで閲覧、印刷できるデータ(.pdo)はこちらからダウンロードできます↓
 http://firestorage.jp/download/3b7126faa5dad8646a9f2479a7e93ce84179fe38
  ファイル名:Interscope Cosworth_Danny Ongais Indy500 1981.zip

◆ペパクラビューワーについてはこちらからダウンロードしてください。↓
 http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/
  素晴らしいソフトですね。安いですし!

◆完成写真はこちら↓

000_完成.JPG

スケールは思い切って1/12にしました。作りやすいですし。
右下は比較用の500円玉です。デカい!置き場に困る。


◆とりあえず道具の紹介から。

道具は使いやすいものを用意すれば良いと思いますが、
今回は主にこれらの道具を使用しました。

道具.JPG

ボンドは速乾性のGクリヤーが使いやすいです。
赤いのは鉄筆です。折り曲げる際にあらかじめ痕をつけておくときれいに折れます。
鉄筆は手芸店などで売っています。
油性ペンと鉛筆は、紙の切断面の白を目立たなくするために使用します。
カッターはよく切れるように新品の刃を使用します。
ハサミはカーブしているパーツを切る際に使用するので、刃の短いものをお薦めします。


ではいよいよ…

◆今回はコックピット内部からコックピットまわりのカウルまでの制作です。
(山折り、谷折りについては非表示にしています。データを見て判断してください)

@コックピット内部

000_コックピット.jpg

001_コックピット.JPG

ベルトは右下のパーツから切り抜いて使用します。
ステアリング裏も黒に塗ってください。微妙に見えてしまいます。
ちなみに私は塗るのを忘れました…


Aコックピットまわりのカウル

002_カウル.jpg

003_カウル.JPG

赤い線のパーツを使用します。


Bコックピットとカウルを接着

004_カウル.JPG

005_カウル.JPG

見えないところはマスキングテープでとめて強化します。

とりあえず今回はここまで。
結構記事にするのも大変すな。。。
がんばって更新していきます。
posted by Sunny78 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Interscope Cosworth(1981) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。